「ファクタリングは最後の手段?ファクタリングと同時に必要な事」(→コンサルティング併用の意義)

ファクタリングを利用する時は、資金調達の『最終手段』とイメージする
経営者様も多いのではないでしょうか。

しかし、ファクタリングは売掛金があれば早急に
資金が調達出来るという部分では、
複数ある資金調達の中の一つの手段として、
柔軟に捉えられている経営者様も決して少なくありません。

同時に、ファクタリングを利用せざるを得ないという事は、運転資金が不足している、金融機関からの融資が受けられない等、いわゆる赤字経営というケースも見られる事があります。よって”順風満帆の経営状態”とは言えない場面かもしれません。

経営者様が資金調達の壁に直面した時、ファクタリングしか選択の余地がない場合は、同時に経営改善に向けて、行動を起こすタイミングに差し掛かったと言えるかもしれません。

ここで弊社が経営者様にお伝えしたいことは、ファクタリングを行う際、

「売掛金があるからファクタリングが出来る!これで資金調達が出来るからもう悩まなくていい!」

と言う事では無く、これを足がかりとして、今後の資金繰りや医院(会社)経営を
どのようにして改善して行くかを真剣に考えて頂く事が必要になると思っております。

ドクターズサポートでは、ファクタリングは勿論の事、今後経営改善に必要な事は何なのか、経営者様に現状を丁寧にお聞きした上で、全力でサポートを差し上げて参ります。