「ファクタリングが有効なケース」

赤字や債務超過、税金の滞納がある、資金繰りが苦しい…。

現金を潤沢に準備しておく事は経営課題の最優先事項です。
そんな時、有効になるのが診療報酬債権ファクタリングです。

診療報酬債権ファクタリングの場合、取引先は国保・社保であるので、
倒産の心配も無く、診療報酬債権の回収がほぼ確実である為、
金融機関から融資を得られない状況でも資金調達が出来ます。

そして、ファクタリングを活用する事で、実質的な回収サイトを短くする事が出来、
資金繰りの改善が図れます。

又、ファクタリングは融資ではありませんので負債になりません。

それ故、会社の評価に関わるバランスシートにも影響しません。
日本の医療保険制度では、医療機関が国保・社保から診療報酬を受け取るまでに
1ケ月以上掛かってしまいます。
利益は出ていても売掛金の回収サイトが長ければ資金繰りは苦しくなります。

又、資金が急に必要になったなら、そんな時は融資に頼る事が一般的ですが、
銀行やビジネスローン等から資金を借り入れるには保証や担保が必要ですし、
手続きに時間も掛かります。

創業間もない医療機関は融資を断られるケースも少なくありません。
出来る事ならバランスシート上の負債を増やす事なく資金調達したいものです。

その為の手段として、診療報酬債権ファクタリングは非常に有効且つ
効果的な手法の一つである事は間違いありません。