ファクタリングが無用なケース

ファクタリングが無用なケース

経営者様が資金調達をする際に抱える悩みの一つとして、
銀行やビジネスローン等、融資を申し込んでも審査に通らないという状態が挙げられます。
審査に通らなければ、借入も出来ません。
そこで、経営者様が資金を調達する際、是非選択肢の一つとして考えて頂きたいのが、「売掛債権の譲渡=ファクタリング」です。ファクタリングとはどういった取引なのかを一言で言うと、
売掛金を売却して現金化するという事です。翌月入金予定の売掛金をファクタリング会社に買い取って貰い、
その買い取り金額をその場で現金化する取引です。資金調達をしたいが銀行融資やビジネスローンが受けられない等といった際、
ファクタリングは非常に有効な方法です。では逆に、ファクタリングが無用になるのは一体どの様なケースなのか。ファクタリングを行おうとしている売掛金ほどの資金を銀行や
ビジネスローン会社等から調達する事が出来る場合、ファクタリングは無用です。

その方が、返済期間も長期で組め、金利負担も低くなる場合があります。
どの様な状況でも売掛金がある場合、資金調達が出来るファクタリングですが、
金融機関等から融資を受けられる場合は無理に利用する必要はありません。

賢くファクタリングを利用する為には、有効なケースと無用なケースを
知っておくと安心です。

又、ドクターズサポートではファクタリングの他にコンサルティングを活用して頂く手段もご提供出来ます。

資金調達のお悩みは勿論の事、資金繰り、経営改善、人事、コスト削減、M&A、マーケティング、新規事業開発等、多くの経営課題に対応致しております。

こうした様々なお悩みを抱えている経営者様、
先ずはドクターズサポートまでお気軽にお問い合わせ下さい。

無料相談はこちらから(お問い合わせフォーム)

関連記事

PAGE TOP