今回は、ファクタリング利用時のメリット、デメリットについてご説明致します。
まず、メリットの一つとして、最短即日で資金が調達出来るという事です。

銀行からの借入などは審査に時間が掛かりますが、ファクタリングは
例え赤字決算や債務超過であっても売掛債権を持っていれば、すぐに現金化出来ます。二つ目は、ファクタリングは融資や借入ではなく、
売掛金を現金化するだけの事ですので負債になりません。

よって信用情報に影響せず、後々の金融機関での借入審査もスムーズに運べます。
三つ目は、売掛金を早期に資金化出来るので、キャッシュフローの改善が図れます。

通常、売掛先の支払い期日までは現金化出来ない売掛金を、支払い期日前に現金化出来るのは、
ファクタリング利用時の大きなメリットと言えるでしょう。そして又、ファクタリングのデメリットの一つとして、
まず、分割返済が不可だという事です。ファクタリング会社への返済は、売掛先から当初に予定された入金日に入金された時点で
すぐに全額返済しなければなりませんので、分割返済する事が出来ず、一括返済となります。
その他、ファクタリングは債権譲渡が行われている為、債権譲渡登記が必要となる場合があります。

民法上、売掛先の承諾がなければ債権譲渡は認められませんので、
2社間ファクタリングか(ファクタリング会社と経営者様=債権売買取引)
若しくは3社間ファクタリングか(ファクタリング会社と経営者様と売掛先=債権譲渡取引)
どちらのファクタリングを利用するかという事も重要なポイントになります。